第5回アートオリンピアード(2015年)応募作品選考結果

第5回アートオリンピアード(2015年)応募作品選考結果

応募作品選考会

  • 日時:2015年5月16日13時~17時
  • 場所:JICA地球ひろば(市ヶ谷)・国際会議場(2F)

受賞者決定までの経過報告

選考委員と選考風景

選考委員と選考風景

去る5月16日土曜日、東京市ヶ谷にあるJICA地球ひろば2階の国際会議場にて、久恒俊治選考委員長をはじめ選考委員計10名(選考委員のリスト参照)が集まり、全応募作品68点の選考審査にあたりました。

選考会は、一般社団法人あきら基金代表理事である横井博文氏の司会の下、ICAF日本支部代表の近藤のぞ美氏による開会挨拶で開始され、久恒俊治選考委員長による選考審査における指針について説明が行われました。具体的な選考基準は、絵全体から受ける印象・インパクト( 「子供らしさ」、「元気さ」、「はちきれそう」、「楽しそう」等)、発想(独自性、創造性等)、表現力(個性的か否か等)、技法・色使いについて各項目10点満点で評価するというものです。

以上の指針に基づいて選考委員は、約3時間にわたり応募全作品の選考・審査にあたりました。その後、応募作品68点それぞれに評点の書きこまれた審査票が回収され、久恒俊治選考委員長の総評で、会は厳粛ながらも和やかな雰囲気の中、終了しました。

翌16日に集計結果が各選考委員のもとに送られ、文書によって選考委員それぞれの意見が交わされた後、最終的に久恒俊治選考委員長が入賞者を承認することで受賞者が決定しました。

第5回 ICAFアート・オリンピアード 選考結果

氏名 年齢 作品タイトル 出身地 学校名
日本大賞 霜村 美咲 10 かがやけ北陸 石川県金沢市 金沢大学附属小学校
日本大賞 今井 蓮 10 ししずもう 神奈川県横浜市 横浜市立汐見台小学校
デジタル部門賞 岡本 理暉 9 空と雲の運動会 大阪府大阪市 大阪市立三津屋小学校
ワシントン賞 上市 萌華 10 神奈川県厚木市 厚木市立毛利台小学校
ワシントン賞 藤田 公平 13 ジュラ紀の海のオリンピック 東京都品川区 品川区立小中一貫校伊藤学園
ワシントン賞 村瀬 豊 14 ミカンのおしくらまんじゅう 石川県金沢市 金沢市立西南部中学校
ワシントン賞 犬塚 媛理 12 黒帯めざしてエイッ! 愛知県碧南市 碧南市立新川小学校
ワシントン賞 清水 あそ香 8 ふわふわしゃぼん玉きょうそう 京都府京都市 京都文教短期大学付属小学校
日本武道賞 石渡 萌々か 12 矢よ飛べ!!世界に向かって! 千葉県習志野市 習志野市立第二中学校
東北賞 東海林 虎 10 今だ!いけ!! 山形県新庄市 新庄市立新庄小学校
ICAF未来奨励賞 松浦 愛彩 8 うちゅうでなわとび 東京都武蔵野市 武蔵野市立第二小学校
ICAF未来奨励賞 白根 佐久良 8 馬とび 三重県多気郡 多気町立相可小学校
ICAF未来奨励賞 西村 悠希 8 学童大掃除 よーいドン 石川県金沢市 金沢市立千坂小学校
ICAF未来奨励賞 羽原 綾花 7 なわとびでジャンプ 神奈川県伊勢原市 伊勢原市立桜台小学校
(影美会アートアカデミー)
ICAF未来奨励賞 重田 玲於 7 たのしい合気道 神奈川県伊勢原市 伊勢原市立緑台小学校
(影美会アートアカデミー)

受賞作品ギャラリー

久恒俊治選考委員長総評

皆様のお力をお借りして、4年に1度の審査が無事に終わりました。出展された皆様の作品を見て、審査委員一同、優劣を付けて良いものか、大いに悩みました。選抜されなかった作品も、将来が楽しみな絵が多くありました。これからも大いに感じた物を表現してアートな生活をして頂きたいと思います。

また入賞した皆様、真におめでとう御座います。

今もって、お子さまの力作の数々が、私の中に眠っていた童心を揺り動かし、今の私に問い掛けをしています。

日本大賞の「かがやけ北陸」は、作者一個人の思い以上に、地域住民の想いと同調し、洞察の細やかさ、色のバランス彩色方法、表現の卓越した創造性などが感じ取れ、心に伝わる物がありました。「ししずもう」については、色の対比の使い方、朱色と黒の絶妙のバランスと補色間の中間色を天体の月に見立て良い位置に配置するなど色彩学を学んだように思えました。おそらく天地を駆け巡る創造を思い浮かべ、描きたいと想う次に来る無心の心の表現が形になった作品と感じました。シンプルイズベストの作品と「かがやけ北陸」の多色で表現した世界とは対照の作品です。

日本武道賞の「矢よ飛べ!!世界に向かって!」は、凛とした世界と女の子の可愛らしさが漂い色の扱い方が良く遠近法が効果的に表れています。将来の大和撫子ここにあり。ワシントン賞の「みかんのおしくらまんじゅう」は、シンプルな色使い、形の構成、無彩色の使い方、アートを秘めた引きつけられる作品です。

9歳以下からの優秀な作品もあり、「たのしい合気道」は複雑な組み方を太い黒線で的確に表し,武道の神髄をシンプルな色と形で表現していると感じました。「学童大掃除よーいドン」については、授業後、家に帰らず皆で協力して楽しく掃除をして家に帰り、「綺麗に、僕も皆とお掃除したよ」と言っている後の様子が見えてきました。皆を指導している学童を見る先生の姿勢が偉いですね。

「ふわふわしゃぼん玉きょうそう」、「なわとびでジャンプ」、「馬とび」、「うちゅうでなわとび」の作品はどれも皆な楽しそうですね。見ていると知らないうちに笑顔になります。

9歳より下の5人を選んだのには理由があります。日本では3・11以来、特に「絆」と言う言霊を大切にしています。この5名の方は9歳以下のお子さんですが、皆様の絵を拝見して審査委員一同、4年後の発表に繋げて欲しい思いが湧き上がり、「ICAF未来奨励賞」と名づけ選抜しました。

無心になり絵を描いていると、形が違っていても見る人に伝わる物があります。色の表現も人生を感じることが出来ます。綺麗な色、地味な色の組み合わせをしないとお互いが引き立ちません。人の世の中を表して入る様に感じます。

皆さんの絵心が将来、絵画を描かなくても愛する人や、家族、社会に表現すことが出来れば、素敵な時代になると確信しました。

2015年(第5回)アートオリンピアード選考委員会委員名簿

(五十音順)氏名 現職等
稲端 麻美子 株式会社ネイチャーズチェストジャパン代表取締役
ヒーリングフード研究家
近藤 のぞ美 ICAF日本支部代表
近藤 壽良 金沢大学フランス言語文化教員
第4回世界子どもフェスティバル本大会引率・参加
佐藤 恵里 認定特定非営利活動法人Peace Field Japan副理事長
Sport For Smile顧問
Sophie Bocklandt 在日ベルギー・ルクセンブルグ商工会議所(BLCCJ)ゼネラル・マネジャー
第4回アート・オリンピアード選考委員
竹村 真紀子 一般財団法人International Women’s Club JAPAN(IWCJ)代表理事
坪谷・ニュウエル・郁子 東京インターナショナルスクール共同代表
株式会社日本国際教育センター代表取締役
久恒 俊治
(選考委員長)
加賀友禅作家(工房久恒)
第4回アート・オリンピアード選考委員
森 健輔 行政書士(森行政書士事務所)
一般社団法人あきら基金理事
横井 博文 一般社団法人あきら基金代表理事
元東京大学グローバル・リーダーシップ・プログラム特任助教
日本大賞「かがやけ北陸」を製作した霜村美咲さん(石川県金沢市)から寄せられた喜びのメッセージ

日本大賞「かがやけ北陸」を製作した霜村美咲さん(石川県金沢市)から寄せられた喜びのメッセージ